So-net無料ブログ作成

栄枯盛衰 [日記]

最近はとにかく色々目白押しで大変です。
そのせいか少々風邪気味です。

こんな状態で新学期・新生活始まっていいんでしょうか・・・。
正直3日でいいから待っていただきたいです。

とりあえず今いろいろ忙しいことだけ察してやってください。
忙しさの8割が遊びであることは内緒だ。絶対にだ。

まぁとにかく忙しくて更新できてないのでとりあえず少しだけ。

27日の話。

子供のころからの行きつけだった伊勢丹会館にある
ロシア料理屋のペチカに久しぶりに食事に行きました。潰れてました。

ペチカ.jpg


何かこう・・・よろしくないですね・・・。

28日以降のお話はまた今度。サヨウナラ。


さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

  • 作者: 山田 真哉
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2005/02/16
  • メディア: 新書



そして何も映らなくなった [バイト]

25日はバイト。
久々の激務でヘトヘトに。
今日起きたら両ふとももとふくらはぎが筋肉痛に。
何かもう下半身がダルダル・・・。動きたくねぇ。

で、昨日バイトから帰ったら時刻は21時半過ぎ。

もう疲れたし何もしたくないから
寝っ転がってドラゴンボールZでも見てダラダラしよう、と
TOKYO MX をつける。






・・・映らない。


おんや?と思ってDVDデッキの電源を入れ
そっち経由でチャンネル回してみても映らない。

・・・Why?

今朝出かける時には映っていたのに
この12時間の間にいったい何が起こったというのか。

何かゴロゴロ雷さまがご乱心だったので、そのせいかなとも思ったけど
日が明けて今日も画面に映るのは砂嵐のみ。

いったい何が起こったんだ。教えて偉い人。


しかしなぁ・・・ある局が映らなくなるのこれが2件目なんだよなぁ・・・。

以前は契約してもいないのにGAORAが視聴できて
日ハム・阪神主催試合とかインディとか見てたんだけど
シーズン終わってしばらく見てない内にいつの間にか映らなくなってたという・・・。

これはサービスで流してたんじゃなくて
単にCATV会社のミスだったということなんだろうか?

すると今回のTOKYO MXは・・・?

それにしてもどんどん娯楽が奪われていくなぁ・・・。
まぁGAORAの分はネットで見られるようになったからいいけど
MXは・・・懐かしのアニメとか貴重だったのに。

院に入ったら見てる暇なさそうだなぁとか考えてたけど
何も放送自体映らなくならなくても・・・。
ひきこもってないで外に出ろということだろうか?

これじゃ「健康で文化的な生活」が・・・・・むしろ送れそうだな。

しかし最後ジャパネットたかたTVショッピングしか映らなくなったらどうしよう・・・。
せめてテレ東は残ってくれ。WBSだけ見られればそれでいいから。



そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

  • 作者: アガサ クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2003/10
  • メディア: 文庫



芸能関係疎いんですよ [社会]

昼食をとりながらTVを眺めていて
小栗旬と小出恵介は別人だという事に気付く。

あぁそういえば名前自体違いますねハッハッハ。

個人的にコレ系は皆同じにしか感じないんだよ・・・。
ジャニーズとかアイドル系なんか最たるもので
SMAP、TOKIO、V6の一部、それ以外でハイおしまい。
あぁカツーンは知ってるなカツーンは。カッツン。でも亀だけ。


芸能人なんてな、知らなくても俺の人生に損失はねぇんだよ。


・・・それより問題は何でこの記事書こうとしたのか忘れてしまったことだ。
何か本題があったはずなんだが・・・まぁいいやな・・・。



テレビ業界で働く―番組を生み、育み、売り込み、そして活かすテレビ局のキーマンたち (なるにはBOOKS)

テレビ業界で働く―番組を生み、育み、売り込み、そして活かすテレビ局のキーマンたち (なるにはBOOKS)

  • 作者: 小張 アキコ
  • 出版社/メーカー: ぺりかん社
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 単行本



我慢 [バイト]

19日はバイト。
でも書くようなことはない。
書くようなことはないけど記録として
バイトに行ったことだけは書く。いつものこと。

あぁプロ野球が開幕した。
でも院のシラバスを見る限り
今年はこれまでのように試合を見ることはできないだろうな・・・。

そんなの316基準では
「健康で文化的な最低限度の生活」
ではないのだが・・・。助けて日本国憲法!

しかしシラバス眺めてたら何か鬱になってきた。
やっぱり外に出たら負けなんだろうか・・・。




高学歴ワーキングプア  「フリーター生産工場」としての大学院 (光文社新書)

高学歴ワーキングプア 「フリーター生産工場」としての大学院 (光文社新書)

  • 作者: 水月 昭道
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2007/10/16
  • メディア: 新書



高ぇよ・・・ [日記]

いつもとは違うコンビニに
いつもと同じように新聞を買いに行く。
他に買うものはない。新聞だけ。
レジに出す。ピッ

「500円です」





  ( ゜Д゜)!?




レジの表示を見ると

「シンブン - ケイバ」

の文字が。



おいおい兄ちゃん、どっからどう見ても競馬新聞じゃねぇだろ。
つかお前、レジ打つために新聞のタイトル確認してただろうが。

「日本経済新聞」 だぜ?

「ケイ」の音しかあってねぇだろうが。
確かに系列会社の関係で他の一般紙よりは競馬界と繋がりあるけどよ・・・。
それとも「経済」が読めなかったんか?
とりあえず140円だ、打ち直せ。


しかし500円が表示されてもおかしいと思わず
平然と客に金額を要求するってのは・・・
スポーツ紙でもいいから新聞買ったことないんだろうか?
そうでなくても今まで新聞売ったことないんだろうか?


それにしても・・・競馬新聞って高いんだな・・・。




上司殿!それは、パワハラです

上司殿!それは、パワハラです

  • 作者: 岡田 康子
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 単行本



男爵とPESO氏に捧げます。



無欲 [日記]

今日は3月16日。316の日。
だからと言って誕生日でも何でもないので
何事もなく普段どおりに過ごす。
夕飯だって安売りしてた130円の冷凍パスタ×2種。
質素質素。とりあえず明日倒れたらこれのせい。

特別なことと言えば
明日から3日程また黄砂がやってくるらしいので
洗えるものは今日のうちに洗ってしまえと色々洗濯したくらい。
失敗したことはシーツを洗って干したはいいけど
肝心の布団を干し忘れたことくらい。まぁいいや。


で、夕方スーパーに行った際聞いたある親子の会話

母:今日は大切な日だから特別にイクラのおにぎり買ってあげるね。
娘:わーい!


・・・イクラ・・・のおにぎり・・・120円だぜ?
かわいそうな家庭なんだろうか・・・?
その割にはお母さんの鞄ヴィトンだったけど。
娘さん・・・絶対騙されてるって・・・。
小さかったからな・・・欲がないって一番幸せなのかもな・・・。




老子―無知無欲のすすめ (講談社学術文庫)

老子―無知無欲のすすめ (講談社学術文庫)

  • 作者: 金谷 治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1997/04
  • メディア: 文庫



も、もしや・・・ [日記]

>どうやら相当軽く当てるだけにしないとスパッと行ってしまうらしい。
>でも軽すぎると切れ目が入るだけで切れてはいないという・・・。
>むぅこれは力の加減が難しい・・・。


昨日この文を書いていて
「あれ?それはつまり普通のカッターと同じじゃね?」
という気付いてはいけない点に気付いてしまう。

そこで今日の新聞を使って禁断の実験を断行。











・・・・・・。




いやぁF1が開幕しましたねぇ。
野球ももうすぐ開幕だしホントいい季節になったもんです。
いやぁホント気持ちいい。う~ん春だ、春、春。よし寝よう。春だし。
え?カッター?知るかそんなもん。



キレる大人はなぜ増えた (朝日新書 90) (朝日新書 90)

キレる大人はなぜ増えた (朝日新書 90) (朝日新書 90)

  • 作者: 香山 リカ
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 2008/01/11
  • メディア: 新書



チリも積もれば [日記]

久しぶりにちょっと新宿行ってきました。
昨日とか出歩くのに気持ちよさそうな日にひきこもって
今日みたいに出歩くには適さない日に出かけて濡れるのを見ると
自分はドMなんじゃないかと疑いたくなりますね。
まぁ実際二択ならばSではないと思いますけど。


で、新宿。
ハンズでいろいろ物色。
そしたら妙なカッターを発見。
裏を見ると
「新聞・雑誌の切り抜きに便利!」
「薄い紙でも1枚ずつ切り抜けます」
との文字が。
今更ながらこれは便利そう。

真中にある記事を切り抜くときなんかは一度記事を半分に折って
切り込みを入れてから切ったりして少々面倒に感じてたりしますからね。

即決で買う。


で、家に帰って来てから今日の新聞を読み早速切り抜き実験。




・・・あの・・・3枚以上切れたんですけど?


どうやら相当軽く当てるだけにしないとスパッと行ってしまうらしい。
でも軽すぎると切れ目が入るだけで切れてはいないという・・・。
むぅこれは力の加減が難しい・・・。

でもまぁ今までより時間短縮になるからよしとします。
値段も250円くらいだったし。


で、ふと思いついて計算を。

316が読んでいる新聞は日経。
とは言っても契約しているわけではなく毎日コンビニ等で買ってます。
なので1日当たりの新聞代は140円。
月30日として4200円。
年12か月で5万円・・・。

たまに休刊日だったり台風等で完全ヒキコモリを決めた日だったり
店員さんが勘違いして130円で売ってくれたり(*)する日の分を除いても
まぁ大した差はないでしょう。
注:
厳密に取り締まると知ってて言わないのは犯罪です。
なので私は知りません。え?130円じゃないの?( ・з・)~♪

1日1日では少額なんで気にしてなかったんですが
計算してみるとものすっごい金額になるんですねぇ・・・。

だからと言って切り捨てるのはちょっと・・・。

こういうの含めると新聞・書籍代って年間相当かけてるんだなぁ・・・。
家計簿見直すのが怖いわ・・・。




他人の家計簿―ニート、秋葉系、株セレブ…格差社会を生きる若者たちのお金事情

他人の家計簿―ニート、秋葉系、株セレブ…格差社会を生きる若者たちのお金事情

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 単行本



無料奉仕ともいう [バイト]

10・12とバイト。
最近バイトに関して以前のように
「おいおいこんなことしていいのかよ」
っていう感じのことがない。
いや、平和でいいんだけれど
ネタにならないと言うか何と言うか。

・・・それとも単に俺が慣れてしまっただけで
実際は世間からしたらおかしなことをやっているとかだろうか?

そう考えればそんな気がしなくもないような気がしないでもない。(どっち?)

・・・どうだろう。
何かあるとすれば
気付いたらあるはずのお金が底を尽きかけていて、調整のために
1月分から俺の給料を申請ストップかけてることくらいだろうか。

・・・あれ、これは重要な問題か。

う~む・・・。
自分の給料の申請を自分でやってる人間が
同意をしたうえで自分の給料の申請を遅らせている場合
これは何か問題はあるのだろうか・・・?
以前2か月分一度に請求しても文句は来なかったが。

・・・まぁ問題だって言うなら一時的に退職してたことにしちまえば・・・な。
本人が 「ボランティアです!」 って言い張ってれば文句の付けようがあるまい。

あ、でもそうすると本当に給料が支払われなくなってしまうな・・・。
遅らせることには同意したけど無給には同意しとらんからな。
特に年度またぐと面倒なことになるからなぁ・・・。
まぁ年度と関係のない別のお財布ならば有耶無耶にできるのだけれど。

あぁしかし万が一このまま4月になった場合
書類上4月は40日くらい働いてる計算になったりするんじゃないだろうか・・・?

そろそろどうにかせねばな・・・う~む・・・どうしよう・・・。
しかし「法律屋」って悪い知識ばかり身に付くんだなぁ・・・。



図解 裏帳簿のススメ―あなたの会社にお金が残る

図解 裏帳簿のススメ―あなたの会社にお金が残る

  • 作者: 岡本 吏郎
  • 出版社/メーカー: アスコム
  • 発売日: 2005/02
  • メディア: 単行本



晒し上げ [日記]

近くの本屋で立ち読みしてたら

「こちらがご注文の『超マニアックに愛して』です」

っていう店員の声が店内に響き渡った。


・・・。
仮に実際の内容が超マジメだったとしても
こんなタイトルを大声で言われたら
俺はその場で舌を噛み切って死ぬ。



超マニアックに愛して (スーパービーボーイコミックス)

超マニアックに愛して (スーパービーボーイコミックス)

  • 作者: 東野 裕
  • 出版社/メーカー: リブレ出版
  • 発売日: 2008/03/10
  • メディア: コミック



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。