So-net無料ブログ作成

お前は何なら得意なんだ [日記]

晴れた日こそ、引き籠もる!
(レポート作ってるんだバカヤロー)

暑くて昼寝ができないじゃないの困るよマッタク。
あんまり暑いもんでウーロン茶をガバガバ飲んでたら
カーペットにこぼしてしまい、ちょっと鬱になった316です・・・。


そういえば最近豊丸が俺のことを「法務大臣」と呼ぶ。
一応法学士だからだろう。法律苦手だけども。
しかしそうか、俺は最低会議の法務大臣か。

そう考え出すと他のことも全て考えてみたくなるのが316の癖。
そこで他の構成員も含めて組閣してみる。

厚生労働大臣は当然豊丸だな。医者だし。
財務大臣はPESO氏がやってくれることでしょう。うむ。
文部科学大臣は・・・・・男爵でもいいけど科学分野でAXLだろうか。
男爵は以前俺と豊丸との会話を
「全部代理店(男爵)を通してもらわないと困るよ」
とか言って遮ってたから総務大臣とか官房長官でもやってもらうべ。


・・・・・あ、あれ、元々5人しかいないから全然足りてないじゃないの。
むぅ・・・少し兼務してもらうか・・・。

俺国際法ゼミ出身だから外務省ね。国際法苦手だけど。
PESO氏は経済も任せましょう経産省。
外局だけど文化庁とか男爵合いそう。
すると豊丸は社保庁ね。年金よこせやゴルァ。
あとはもうまとめてAXLでいいやめんどくさい。

と3分で適当になってしまうのも316の癖。
いいんだ、別に。これ考えたからって1銭にもならんのだから。


しかしひでぇ組閣だ・・・。
俺は気に入らん奴はバンバン死刑執行するだろうし
相手が国の場合は即刻国交断絶だ。
AXLは名古屋の球団が負けると何もしないし
PESO氏は金融そっちのけで娘を眼鏡ッ娘にすること傾倒する。
男爵は文化振興とか言って街中を渡辺文樹のポスターで埋め尽くすんじゃないだろうか?
豊丸にいたっては不祥事なんて全てなかったことにする正に官僚的・・・。


う~ん・・・。
やっぱり最低会議は日陰でひっそり暮らしてるべきだな・・・。



あぁ暑い。ダルい。頭が働かない。
明日からは学校の電機代で快適に過ごしちゃえ生活でも送ろう・・・。



島国根性

島国根性

  • 出版社/メーカー: アポロン
  • メディア: VHS


 画像がないのはやはり規制だろうか・・・?



実際に使うかどうかなんて気にしない [院とか就活とか]

連休が始まったので一か月ぶりにニート生活を送る。

今日は早速昼寝を満喫してみた。
うっかり寝すぎて頭が重い。
でも何だか帰るべき場所に帰ってきたような感じがして実に落ち着く。
心の故郷。


前回の日記でチラっと書いたけど
名刺とか作ったら何か便利そうってことで
昨夜から早速制作に取り掛かる。

所属を書こうと大学院の正式名を入れてみる。
すると全部で30文字以上にもなる。長すぎる。
(名刺にゃいれないけど)学部時代のも含めると50文字・・・。
おいお偉いさん方よ・・・履歴書とか書く方の身にもなれ・・・・・・。

文句を言いつつフルに入れてみる。
表が院、裏がバイト先の名刺って感じでレイアウト。

とりあえず完成。
プリントしてみる。

う~む・・・まぁ名刺なんてこんなもんじゃないだろうか?

調子に乗って5枚作ってみる。

満足したところで電話番号間違いに気付き
世の中の事とかどうでもよくなる。


さーて明日はどんな体勢で昼寝しようかなー・・・。



100枚の名刺を100人の人脈にする―20代だからできるネットワークの築き方

100枚の名刺を100人の人脈にする―20代だからできるネットワークの築き方

  • 作者: 中島 孝志
  • 出版社/メーカー: 大和出版
  • 発売日: 2003/07
  • メディア: 単行本



そんな一遍に覚えらんねぇ [院とか就活とか]

水曜日。
授業開始前に

「大地」は「だいち」
「地下」は「ちか」
「僻地」は「へきち」

なのに何で

「地面」は「【じ】めん」

なんだろう?

とか新聞読みながらボーッっと考えてたら
急に横から

「よく授業で一緒になりますね。私こういう者です。」

と名刺を差し出される。
午前中まだ頭が働いてないのに加えて
上に書いたような状態だったので極度にキョドってしまった。

後で名刺を見たら何かとっても興味ありそうな職業に就いてらっしゃる。
・・・もっとちゃんと挨拶しておけばよかった。


土曜日。
院の新入生歓迎会兼研究科懇親会。
一人々々自己紹介をする。






・・・・・・・・・・。
100人もの顔と名前、経歴を一度で把握するのは不可能だ・・・。
しかも大半の生徒は今日からGWで10日近く顔を合わせない。忘却。
こっちも同じく忘れられることだろう。名刺でも作ろうかな・・・。


とりあえず色々な人と話をする。
いろんな経歴の人がいて話をしていて面白い。
で、話をしていて何人かに
「316君は(話し方とか考え方が)文系っぽくないね」
とか言われる。
そういえば学部時代も同じことを言われた。
思考回路テストみたいなの受けた時もそうだったっけな。


しかし文系・理系で話し方ってそう変るもんなんかね?個人の問題じゃね?
正直血液型性格判断くらいどうでもいいことなんじゃないかと思うんだが・・・。

どうなのそんへんどうなのドウナノヨー。





面白いほど人を見抜ける「血液型」の本―思わずドキッとする“人間分析” (王様文庫)

面白いほど人を見抜ける「血液型」の本―思わずドキッとする“人間分析” (王様文庫)

  • 作者: 長田 時彦
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 文庫



エコなんだからいいじゃねぇか [バイト]

24日はバイト。
他に仕事の指示があったはずなのに
なぜか資料室のPC移動作業を命ぜられる。

まぁ特に断る理由もないので、やる。

とりあえず配置したものの
ケーブル類の散らばり具合その他が気に入らない。(職業病)
気に入らないが、それ以上は事務の人に断らねばならぬ部分もあるので
こうこうこうしてくださいよ、とだけ注文つけて終了。

一応注意しておいたけどあのタコ足配線は確実に計算してねぇな・・・・・。

その後授業を受けて23時前に帰宅。
いつものようにヨーグルトに手を伸ばす。

ここでふと思いつく。
316は普段500gパックを2回で食べる。
食べるときには食器に移して食べているのだが
よく考えたら2回目は食べ切ってしまうのだから
わざわざ移す必要はないんじゃなかろうか?
それどころか移すと洗う手間は増える無駄な部分は出る水と洗剤垂れ流しと
自分にも地球にも優しくないんじゃないのだろうか?

そこで昨夜はパックに直接ハチミツドバッ。
かきまぜかきまぜ食す。美味。ごちそうさまでした。

で、パックをそのままゴミ袋に入れる。楽ちん。

が、同時に何かものすごくわびしさも感じたりした。
・・・・・・・やっぱり何か色々と間違えているんだろうか?


自分のためのエコロジー (ちくまプリマー新書)

自分のためのエコロジー (ちくまプリマー新書)

  • 作者: 甲斐 徹郎
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2006/08
  • メディア: 新書



過疎化 [院とか就活とか]

院の授業が大体3回り目に入り、本格化してきた。
で、履修修正申告期間も終わった。

そこで感じることが一つ。


・・・・・・あ、アレ?人減ってね?


まぁ初回はガイダンスでとりあえず出席する人が多いってのはわかるけど
2回目も出てた人ってのはたいてい取るもんだと思ってたんだが・・・。

でね、減る授業があるってのはわかるんだけど
その分増える授業があってもいいのでは・・・?

なのに316が出てる授業で人が増えたと感じるものはゼロ。
かろうじて現状維持が2、3ある感じ。(週11コマ入れてる)

ゴルフに例えると
11Hを終えてノーバーディ、7ボギー、1トリプルボギー
って感じか。惨敗だ。

ある授業なんか授業開始時教授含めて3人しか教室にいなかったからなぁ・・・。


これは俺の選択が世間からズレているということか・・・?
何か裏街道をひた走っている感があるよね・・・316っぽいっちゃぽいけども・・・・・。



限界集落ーMarginal Village

限界集落ーMarginal Village

  • 作者: 梶井照陰
  • 出版社/メーカー: フォイル
  • 発売日: 2008/02/08
  • メディア: ペーパーバック



土曜日が土曜日じゃない [日記]

土曜日は朝一から授業。
帰宅するのは夕方。
その後夕飯を食べ新聞を読み机に向かう。
WBS土曜版がなくなってしまったのでTVを見ることもない。
日付が変わったら布団に入る。

土曜日なのに・・・。無味乾燥とはこのことか。


昨日、日曜日。
週6で学校なので何か行動するにはこの日しかない。
授業用の資料がとんでもないことになってしまったので
数年ぶりにファイルを使って整理をすることに。
そこで船橋市街へと買い物に出る。

・・・・・・どこもかしこも人人人で動きにくい。

商品見るのにも隣の人が邪魔になったりする。
買う物決めてレジに向かうと長蛇の列。

あぁ・・・ 蹴散らしてぇ・・・。


ついこの間までは平日昼間の人のいない時間帯に
スイスイ買い物できてたのになぁ・・・。


・・・・・やっぱりニートって最強なんじゃね?
なんて思ったりした週末でしたとさ。


・・・・でも空きすぎていると正月の買物の時のように
店員さんにマンマークされて落ち着いて買い物ができなくなるという
諸刃の剣。素人にはお勧めできない・・・。



蹴りたい背中 (河出文庫 わ 1-2)

蹴りたい背中 (河出文庫 わ 1-2)

  • 作者: 綿矢 りさ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2007/04/05
  • メディア: 文庫



早すぎる [バイト]

17日はバイト。
特に仕事を指示することもなく
ボスが外での仕事に旅立ってしまったので
溜まりに溜まった新聞記事のPDF化作業に没頭。

途中で飽きて授業の予習してみたりした。
アルバイターだけど自由人。職場環境ステキすぎ・・・。



ところで気が付けば院の授業が始まって早2週間が経過。
そんな馬鹿な。誰か俺を騙そうと偽のカレンダー見せてないか?

・・・おかしい。授業開始直後は暇だろうから
今頃もっとたくさんの本を読み終えている予定だったんだが・・・。
予習が済んだのは信託の基礎だけじゃないか・・・。
う~む・・・やっぱり毎日学校に行くこの時間割設定は無理があったんだろうか?
でもなぁ・・・1日に3コマ4コマ受けるのは体力・集中力的にしんどいからなぁ・・・。

まぁとにかく明日からはマッタリと会計学の本でも読もう。
就活で2年間のニート期間をごまかせるように英語もやろう。
とにかく今後2年はひたすらに学ぼう・・・。



時間はどこで生まれるのか (集英社新書)

時間はどこで生まれるのか (集英社新書)

  • 作者: 橋元 淳一郎
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 新書



食うものがなくなる [日記]

<前立腺がん>乳製品食べる男性、発症率が1.6倍に


>牛乳やヨーグルトなど乳製品の摂取量によって4群で分析した結果
>最も多い群は、ほとんどとらない群に比べ、前立腺がんの発症率が約1.6倍になった。
>摂取量が多いほど危険性が高まる傾向がみられた。



・・・・・・。
乳製品大好き人間の316は毎日ガンガン摂取してるわけですが・・・。


これで本当に乳製品が体に悪いとか結論が出たら
316の貴重なカロリー・カルシウム・たんぱく源が消えることに・・・。

つまり
朝:シリアル用の牛乳
昼:トースト用のバターとかチーズとかマーガリンとか
夜:デザートか夜食にしてるヨーグルト
が消えると・・・。


・・・・・俺に何を食えと?



>乳製品は骨粗しょう症や高血圧、大腸がんの予防に有効だとする報告も多く
>研究班は「乳製品の摂取を控えた方がいいかどうかは総合的な判断が必要で
>現時点での結論は出せない」としている。


マジで超ガンガレ研究班の人。



チーズの選び方楽しみ方―厳選チーズカタログ113種 (主婦の友ベストBOOKS) (主婦の友ベストBOOKS)

チーズの選び方楽しみ方―厳選チーズカタログ113種 (主婦の友ベストBOOKS) (主婦の友ベストBOOKS)

  • 作者: 本間 るみ子
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2003/10/01
  • メディア: 単行本



いい年になったんだから・・・ [院とか就活とか]

先日大学院の入学式に参加したときのお話。


先週のとある日、学部・院共通の入学式があった。
とりあえず日程表に入学式とあるので素直にそれに従い行動してみた。

式典である以上カジュアルはまずいなと思いスーツ着用。

ピシッと着こなし玄関へ。
右足に普段のシューズを履いて皮靴履けよと気付く。

さぁ行こう!と家を出る。
いつものズボンに鍵を入れっぱなしで中に戻る。

今度こそ!と靴を履いたら
普段の鞄に定期券が入れっぱなしなことに気付いてまた戻る。



・・・もう入学式とかどうでもよくなる。



気を取り直して家を出る。
会場最寄り駅からの道中、学部生と思しき多数の親子連れを見かける。


・・・・・・もしかして院生ってほとんど式なんて出ないんじゃなかろうか?
半分以上社会人らしいし残りも学部からの内部出身者多いみたいだし・・・。

という疑問と不安に襲われる。

でも俺他大出身でここの入学式がどんなか知らないし
会場にも行ったことないから見学ついでなんだもんね!

と開き直って歩みを進める。

会場着。

案の定学部の受付は人イパーイ、院の受付ガンラガラ。

そんな中、院の受付前で奇妙な一団を発見。
一人を囲んで笑顔でガヤガヤとやってる。
どうも中心にいるのは院の新入生らしい。
すると周りの数名は・・・・・両親に両祖父母に・・・・兄(弟)姉(妹)ですか???

どんだけ連れてきてんだよ・・・。
院生って最低でも22超えてんだろ・・・?
「末は博士か大臣か」的な地域の期待の星とかなんかか?

何か東大の入学式でも式に参加したがる保護者が多すぎて困るとか
おエライさんが苦言を呈していたけど・・・これはヒドイ・・・。

会場入ったら入ったで開式後しばらくして俺の後ろ(院生保護者席)に
ベビーカーまで転がして出席した家族とか来てギャーギャーうるさかったし・・・。

あのさ・・・それ赤ん坊が一番かわいそうだから・・・・・。
(しかしあの赤ん坊は・・・院生の弟や妹?現代社会にしちゃ年離れすぎじゃね?)

いい加減親離れ子離れしようよ・・・。

・・・と、ほぼ100%親の金で生活して学校通ってる俺が言ってみるテスト。
将来キッチリ返そうと家計簿付けてるんで大目に見てやってください・・・。


子離れ宣言―十七歳観察日記

子離れ宣言―十七歳観察日記

  • 作者: 吉田 尚子
  • 出版社/メーカー: 創拓社出版
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 単行本



カルシウム足りてます [日記]

牛乳を飲みながらパックを眺める。
すると

「毎日骨太 3つの力」
「伸びる、まがる、つくる」

と書いてある。





・・・まがる?




牛乳だから「伸びる」と「つくる」はわかるけど
「まがる」ってのは一体・・・何・・・?



幸せな牛からおいしい牛乳

幸せな牛からおいしい牛乳

  • 作者: 中洞 正
  • 出版社/メーカー: コモンズ
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。