So-net無料ブログ作成

誠に残念ながら・・・ [日記]

正解者は豊丸さんだったようです。


学校に入る前にいつものようにキオスクに寄り新聞を買う。

学校に入ると知り合いが誰もいない。

仕方がないのでコンビニに昼飯を買いに行く。

会計を済ませて買った物を鞄に入れようとしてふと気付く。

・・・・・・・新聞はいずこに?

学校で取り出した記憶はない。
ので、急ぎそのまま駅のキオスクへ。

「・・・あの・・・さっきココで新聞買ったんですけど、もしかして・・・?」

と不審者が問う。
するとオバちゃんが

「あぁ、来た来た。よかった。どうしようかと思ったよ。」

と笑顔で差し出してくれた。


・・・・・・・俺、いったいどうしたんだろうねぇ?


前回の件で正解した豊丸さんには
僕の診察と看病をする義務を差し上げようと思います。


心配ない物忘れ、危険な物忘れ

心配ない物忘れ、危険な物忘れ

  • 作者: 大友 英一
  • 出版社/メーカー: 栄光出版社
  • 発売日: 2005/04
  • メディア: 単行本



強行突破しちゃうよ [日記]

いつものように駅に向かう。
改札を通る。
すると警報が鳴り出口が閉まる。
何が起きたのか分からず呆然とする。

数秒経ってふと気付く。

定期を通すこともなく
ただ改札を突っ切って進んでた・・・。

戻って定期タッチして無事通過。

慌てて事務室から出てこようとしてた駅員さんごめんなさい・・・。
ここ何日かはそんなに疲れは感じてないんだけどなぁ・・・。



Suicaが世界を変える JR東日本が起こす生活革命

Suicaが世界を変える JR東日本が起こす生活革命

  • 作者: 椎橋 章夫
  • 出版社/メーカー: 東京新聞出版局
  • 発売日: 2008/05/16
  • メディア: 単行本



夏休み期間中最後のお休み [院とか就活とか]

タイトルが意味不明。
夏休みってのは休みではないのかと。

昨日は学校でちょっとした公式行事があったので登校。
予想はしていたけどその後飲み会に。
そして再びオール。これは若干想定外。
まぁ頭の片隅に覚悟の2文字は置いてあったけど。

だって行事は午後2時には終わってんのよ?
4時から飲み始めて午前5時半までっておかしくないすか?

2週間おきにオールして
その度に時間記録更新していくって一体・・・。


ところでインターン。
よそに出したら損害賠償請求くらっちまうことばかりなので
詳しくは話せないけど、今回のはホントいい会社でしたわ。

実際就職するところはあぁいう雰囲気の会社がいいですよねぇ。


・・・・・・ってかアソコは俺が覚悟さえ決めれば内定は出てるんだ。

部長さんから猛烈に引き抜きかけられたし携帯番号交換されたし。
1日2回は「再来年ウチに就職する316くんです」とか紹介されたし・・・。

まぁすごくいい職場ではあるんだけど。
そして元ニートの俺はあまり選べる立場にないんだけど。


ただなぁ・・・立地がなぁ・・・。
せめて都心から在来線で1時間圏内であってくれれば・・・。
新幹線含めて2時間ってのはちょっと・・・。
人生守りに入ってしまいそうで怖いわ・・・。



秘密保持契約がよ~くわかる本―NDAの鉄則がわかる! ダウンロードサービス付き (ポケット図解)

秘密保持契約がよ~くわかる本―NDAの鉄則がわかる! ダウンロードサービス付き (ポケット図解)

  • 作者: 田淵 義朗
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本



夏の終わり [日記]

アイスボックスがコンビニから消え
行きつけのスーパーその1から消え
行きつけのスーパーその2からも消えた。

一つの季節が終わったことをヒシヒシと感じる。

夏と言えば風呂上りのビール

とか普通の人は言う。
が、下戸の316から言わせれば
そんなもんは別にたいしてうまくもない。

夏の風呂上りは
ファンタぶち込んだアイスボックスです。
そんなのは子供の飲み物だとか周りは言う。
ビールの苦みとのどごしがいいんじゃないかとか。

あのうまさをお偉いさんはわからんのですよ。

・・・・・・とにかくアイスボックスが店頭から消えた。
まだ暑い日は続くと言うのに。

この日を予期して1週間分買い溜めておいてよかった・・・。


さて3連休も終わった。
これで本格的に夏休みが終わる。

そんなことを言いつつ明日から3泊4日の旅に出ます。
これがインターンじゃなければ楽しい旅行なんだけどな・・・。

しかし明日(今日)は5時起きなのに一切仕度をしてない件。
そもそも靴下洗い忘れてて今頃洗濯機回してる件。

あぁ隣人さんごめんなさい・・・。


季節の保存食―いちごジャムから梅干し・みそまで

季節の保存食―いちごジャムから梅干し・みそまで

  • 作者: 石原 洋子
  • 出版社/メーカー: 家の光協会
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 単行本



きっと疲れてるんです [日記]

帰宅途中スーパーでお買いもの。

316はいつもクレジットカード支払。
なのでレジに並んでる間に財布からカードを取り出す。

自分の番になり店員にカゴを預け
代金を置く場所にカードをポンと置く。

そしたら準備してたカードは何故かnanaco。

いかんいかん、ここはいつものセブンじゃないぞ。

と財布を取り出しカードを変える。

そしたら次に取り出したのは何故か学生証。
学校入るのに毎日使ってるからねぇ・・・。





・・・・・・・店員の困惑しきった顔が忘れられない。


企業通貨マーケティング―次世代「ポイント・電子マネー」活用のすすめ

企業通貨マーケティング―次世代「ポイント・電子マネー」活用のすすめ

  • 作者: 野村総合研究所企業通貨プロジェクトチーム
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 単行本



持ち直し [院とか就活とか]

いい加減オールの飲み会はキツい。
昨日は一日頭痛いわダルいわで大変だった。
オールってだけで辛いのに、土曜日は
夕方4時半開始の明朝4時半終了って色々とおかしい・・・。

まぁおもしろかったからいいんだけどさ。

さてインターン。
こっちも若干やる気回復気味。

前回書いたアホ学部生もあの後何故か急に
若干おとなしくなったのでとりあえずよしとする。

そして今度は班変えをしたので更に良好。
今度の学部生はコミュ能力はともかくとして
自分の法学知識のなさを自覚してるからちゃんと話を聞く。
前回の奴よりはよっぽどわかってるんだがな・・・。

どうも工場見学に行った日に工場の人から聞かれた
「なぜこの分野を選んで今後どうしたいのか?」
っていう質問に対する俺の答えにビビったとからしい。

そりゃ2年ニートしてりゃそれくらい考えたりするわ・・・。

で、今日は作業時間の約半分を使って臨時講座 by 316。

俺も別に人に教えられる程のもんではないけど
ちゃんと聞いてくれるなら教えられる範囲は頑張って教えるかんね。
そうすることで自分としても色々整理できるし。

・・・・・・しかしこれは受入先の会社がやるべきもんではないのか?

まぁでもおかげで少し話すようになってくれたからいいか。
どうせ普段学校でも同じようなことしてるから慣れてるし。

しかし最近の俺は慕われるようになる経緯が
ドコ行っても毎回同じ感じになってきてんなぁ・・・。

「まだできるようになってない人から見ると
できる人に見えるっぽいので頼られるキャラ」で。

これは危険なんだよな・・・。
慣れてくると本性がわかってきて

「316はデキる子と思ってたけどダメ人間じゃん・・・。」

とか言われるから。


・・・・・俺は元々ダメ人間だ文句あるかバカヤロウ。


あぁAXL。
土曜日はあんな状況の会に最後まで残して悪かったな。
まさかあんなgdgdになるとは思わんかった・・・。
いつもはも少しこうアカデミックなのよ?
次回はちゃんとしたものになるはずの会に誘うから
まぁ今回は人見知りの対症療法だったと思って諦めておくれ。


すごい飲み会!飲み会をビジネスチャンスに変える70の方法

すごい飲み会!飲み会をビジネスチャンスに変える70の方法

  • 作者: ビジネスコミュニケーション コンサルティング
  • 出版社/メーカー: 西東社
  • 発売日: 2008/08/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



期待外れ以下 [院とか就活とか]

えー・・・先日より某社インターンシップに参加してるわけですが・・・。

・・・初日にして辞めたくなった。

一つ、担当の社員が暗い
二つ、社員間の人間関係がよくないのかなと思わせる雰囲気
三つ、 実習内容が院の授業で経験済みの内容でしかない
四つ、他の参加学生(の一部)がゴミのよう

頑張って今日も行ったけどさ・・・。

特に四つ目のがひどい。

付き合いの短い人間に対しては
その人がどんな人間か探る必要から
相当寛容に接するのが個人的にデフォなんだが・・・。

それでもイラっとくる人はいる。
正直殴ってやりたいとか思っちゃう人もいる。

まぁ仕方がない。そこは堪える。
その内親しくなって笑えるようになることも多いし。

が、無意識に机の下で「グー」まで握っちまった奴は人生初だよ・・・。

何で法律職のインターンなのに
法律のほの字も知らない奴が応募してきたんだろう?
(これは人事部の責任か。学歴だけで選んだのか?)

まぁインターンだから知らなくても体験するって意味で
来てもいいんだろうけどさ・・・。
せめてそういう場に参加するんだから
コミュニケーション能力だけは持っていてほしいんだよね・・・。
最初から柔らかくなるのは難しいのかなとは思うけどさ・・・。

向こうからは決して話しかけてくることがないので
こっちから会話のボールを投げると3バウンドくらいで返ってくる。
その後はまただんまり。

業務内容の対象に関する知識がめっちゃあるか
コミュニケーション能力が高いか、どっちかだけは備えていてほしいんだが・・・。
どっちもないって本当にどうしようもねぇ・・・。

そのくせ作業時には周り全てを見下したような感じで意見だけは言う。
が、残念なことに発言内容からはそいつの頭の良さは感じられない。
というかむしろアホの部類に属すると思う。

ペアとして発言の修正しなきゃならなくなる俺の身にもなってほしいわ・・・。
お前が好き勝手やってアホと思われるのは正に勝手だが
俺までアホと思われるのは御免だよ・・・。

早く今の作業を終えてペアを代えてもらいたいが
残念ながら次に組むであろう学部生もコミュニケーションはできない感じで・・・。

せめて課題が楽しけりゃいいのに学校の授業レベルだなんて・・・。

・・・・・・コミュニケーションにしても課題のレベルにしても
これはもしかしてウチの大学院の環境がおかしいんだろうか?

教授から
「君ら学校で毎日インターンしてるから行く意味ないよ」
なんて言われたりしたもんなぁ・・・。

とりあえず今週を無事に終えられることを祈る。


コミュニケーションはキャッチボール

コミュニケーションはキャッチボール

  • 作者: 伊藤 守
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2004/11/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。