So-net無料ブログ作成

どうする?アイフル? [院とか就活とか]

前回の続きはちょっと置いといて・・・


以前書いた健康診断再検査、就活終了時に
「これでようやく再検査に行ける」 とか書いてたのに
学会やら何やらの準備で忙しく、放置すること一カ月・・・。

「さて確か5月中までだったし、そろそろ行かんとな」 と思って用紙を見たら・・・










4月末 までだった・・・orz




・・・・・・・え、俺の健康診断書どうなんの?
まさか尿検査に異状があるまま就職先に提出すんの?
てか4月末ってどう考えても大半の学生は就活中だろ・・・。

とりあえず学部生は5月末まで受け付けてるらしいから
明日素知らぬ顔をして持って行ってみよう・・・。

拒否されたら・・・・・・・その尿は「うっかり」置き忘れて帰ってこよう・・・。


・・・・・しかしこんな時間まで起きてた翌日の尿なんかで大丈夫なんだろうか?


遅刻・締切 いつもルーズな人のクスリ (アスカビジネス)

遅刻・締切 いつもルーズな人のクスリ (アスカビジネス)

  • 作者: 野口 哲典
  • 出版社/メーカー: アスカエフプロダクツ
  • 発売日: 2007/09
  • メディア: 単行本



個人的にはリーマンよりもスタンレー [院とか就活とか]

今回は都内の某エレクトロニクス関連企業R社(仮)の面接を受けた時のお話。

4月半ば、R社1次面接前日。
翌日の面接を受けに行く気力がほぼゼロに。

なぜなら、
・若干遠い
・朝早い
・第一志望群の企業から内々定との裏情報を持っていた
・R社は第一志望群ではない

そんなわけで翌朝、面接1時間前に仮病を使って「面接延期」のお願いをする。


・・・・・・・・・・・・・・今就活における全ての歯車はここから狂い出した。


まず仮病のつもりが本当に体調が悪くなり、
その日以降、昼過ぎまで起きられなくなることが続くようになる。

最悪なのは翌日。内々定との裏情報をもらっていた企業が
採用計画の見直しをするということで採用中止を決定。お祈りメールが届く。

更に、それまで面接に進んだら負けなし状態だったのに
R社を延期して以降、2社で1次面接落ちするなどほとんどの企業から祈られる。

結果残ったのが就職決めた企業(当時2次通過)とR社のみという状態に・・・。

そこでR社に「選考も兼ねて」呪いを解きに面接に行った。今回はその時のお話。









・・・・・・・・・と思ったんだけど今日眠いからまた次回にしよう、おやすみなさい。


呪いの解き方―なぜかツイてない日の作法

呪いの解き方―なぜかツイてない日の作法

  • 作者: 川井 春水
  • 出版社/メーカー: 三五館
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: 単行本



少しは遠慮ってもんをだね・・・ [院とか就活とか]

就活中、とある湾岸地区にある会社を受けた時のお話。

最終選考にて人事部長と1対5の集団面接。

「人生で辛かった経験と乗り越えたエピソードを」

的な質問を振られ、涙と笑いと織り交ぜつつ
ニート時代の生活と社会復帰について、それと現在の充実っぷりについて語る。

その後
「これまでの各人の話で最も印象に残ったのは誰のどんな話?」
という質問をされる。

そしたら

「316さんの暗黒時代を乗り越えた精神的な強さに」 とか
「暗黒時代を経てでも自分のやりたいことをやろうとする意志の強さに」 

ってな感じで自分以外の4人のうち2人からお褒めの言葉(?)をいただく。

ハッハッハ、キミたちよくわかってるじゃないの。
帰りにマリオンクレープおごってあげty って待てやゴルァ!! (#゚ Д゚)

ナニ勝手に人の生活 「暗黒時代」 とか呼んでくれちゃっテンの!?

確かに学校じゃ自虐として暗黒時代とか言ってたりすっけどよ、
俺今回ここではその単語使ってねーよ!

感心してるふりしてお前ら裏じゃ思いっきり馬鹿にしてるなコンチクショウ・・・。

全く最近の若い子たちは手加減ってものを知らねぇ・・・。困ったガキどもだ・・・。
無駄に高学歴ばっか残すからこうなる。何?マーチ以下は人に非ずか?(実話)
きっとこいつら今まで大した失敗とか経験せずに生きてきたに違いねぇ。(妄想)

ケッ!貴様らみんな落ちておしまい!そんでどこにも就職決まらずニートになっちまいな!

で、2年くらいニートやって、その間色々勉強して、そんで大学院で社会復帰すればいい。
そんくらいの人間のほうが色んなことに必死さってもんが出てくるもんだよ!


と、最後の方は後付けの脚色だけど、ぼんやりそんなことを考えてたら面接が終わりました。




・・・・・・で、結果としてはその会社は祈られましたとさ。ぺッ。

後で調べたら最終選考からの内定率は5分の1程度だったらしいけど、
彼らの内で生き残った奴はいたんだろうか・・・?


人前でつい遠慮してしまうあなたへ―美しい「人づきあい」のコツ

人前でつい遠慮してしまうあなたへ―美しい「人づきあい」のコツ

  • 作者: ジャンヌ マルティネ
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 2003/09
  • メディア: 単行本



どっちにしても場所が違う気がする [バイト]

本日19日はバイト。


次。

昨日、学校出てすぐのベンチ的なところで
超強風が吹き荒れる中、教科書とノートとケータイワンセグを広げて
机(テーブル)に向かう中学生ズを見かけた。

・・・・・・・彼らは一体何がしたかったんだろうか?

とりあえず吹き荒れる風よりも湿っぽくて生ぬるい視線だけプレゼントして通り過ぎました。



うーん、最近書くことないなぁ・・・。
就活中にあった出来事とかつらつら書いてみようかなぁ・・・。

とりあえず今はYouTube見るのに忙しいから明日以降だな。
じゃ、おやすみ。


著作権とは何か―文化と創造のゆくえ (集英社新書)

著作権とは何か―文化と創造のゆくえ (集英社新書)

  • 作者: 福井 健策
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2005/05
  • メディア: 新書



ブランド戦略失敗 [院とか就活とか]

前回の更新が記念すべき316個目のエントリだったらしい・・・。
気づいてれば 「プーチンさん vs. 右翼」 とかやらなかったのに・・・。

まあいいや。

昨日は4年ぶりくらいにヨーダのライブを見に行った。
いつの間にか彼はピアニストに転職していた。
でも以前は全く歌わなかったバンドだったけど
今度はちゃんと歌詞つきになっててちょっと安心した。


ところで問題がひとつ・・・。

毎日23時過ぎまで学校に引きこもってるせいか
昨日ヨーダライブに行くために20時半頃

「遊びに行くから今日は早めに帰る」 と言ったら

「316が遊びに行く!?」
「怪しい。女だな?」
「尾行が必要だ。」

とかって反応が返ってきた。

「遊びに行く」ってあけっぴろげに言ってるのに何故・・・?


こないだは家でF1見るために22時半頃学校を出ようとしたら

「どうしたの、どこ行くの!?」
「え、帰る?どこに?」
「316って学校に住んでるって噂だけど違うの?」

とか言われた。

・・・・・明らかに俺の印象が間違った方向に進んでしまっている。

ちょっと316的ブランド戦略の立て直しが急務だ・・・。
どうしたらいいか教えて偉い人・・・。


ブランド再生工場―間違いだらけのブランディングを正す (角川SSC新書 45)

ブランド再生工場―間違いだらけのブランディングを正す (角川SSC新書 45)

  • 作者: 関橋 英作
  • 出版社/メーカー: 角川SSコミュニケーションズ
  • 発売日: 2008/07/10
  • メディア: 新書



相手は選ぶべき [バイト]

昨日12日はバイト。
以上終わり。

昨日は四ツ谷が街宣車で大賑わいだった。
新宿通りを次から次へと右翼の列。
20~30台くらいはいたんじゃなかろうか。

はて、5月12日って何かあったっけ?

と思ったら「北方領土奪還」の旗がなびいてた。

あぁ・・・プーチンさんが訪日してるんだっけ。

午前から相当うるさかったのに
午後2時過ぎくらいに気付いたら静かになってた。

・・・・・・・・・・・・・・やっぱり消されたんだろうか?

いくら右翼といっても、やっぱりあの人に喧嘩売るのは間違いだろうなぁ・・・。

彼らの今後が非常に心配です・・・。


暗殺・闇の真実―歴史108のミステリー (コスミック文庫)

暗殺・闇の真実―歴史108のミステリー (コスミック文庫)

  • 作者: 歴史ミステリーを研究する会
  • 出版社/メーカー: コスミック出版
  • 発売日: 2009/04/05
  • メディア: 文庫



耐性がない [バイト]

今日、4月30日はバイト。
思い出してみたら9日にも行っていた。

何か知らんが時給が上がるらしい。
世間じゃ下がる傾向だというのに。
世の中の流れを無視するあたりあの組織のイロを感じる。
まあ俺にマイナスはないから文句はないけど。


2日連続で柿ピーを食べたらニキビができた。
316の油処理能力は柿ピー2袋以下らしい。

食べるたびに繰り返されるこの現象。
もう二度と食うもんかと毎回思いつつ
一定の期間が経つと食べたくなってしまう。

弱いのは俺の意思か対油耐性か?

う~ん・・・とりあえず今日は野菜ジュース飲んで寝よう。


ニキビと上手にさよならする本 (健康ライブラリー)

ニキビと上手にさよならする本 (健康ライブラリー)

  • 作者: 津田 摂子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2003/05
  • メディア: 単行本



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。