So-net無料ブログ作成

格差はこんなところにまで! [日記]

男爵の結婚式の際にもらった「RING BELL」、
特に欲しいものも思いつかず、期限が過ぎるまで忘れていた。

先週慌てて適当にトレーニングチューブとかを注文。今朝届く。

で、開封。

実験。











・・・・・・・・・・・・・・長すぎて負荷がかからん。

あの・・・基本の長さが長すぎて僕の身長では
基準の位置まで引っ張っても大して負荷がかからず筋トレにならないんですけど・・・?

僕みたいな中途半端な身長の元デブ・元ニートには不釣り合いってことですか?
トレーニングとか若干リア充的なことするにも
高身長・高学歴・高収入・イケメンであることが必要?

うーん・・・。

と、とりあえず今夜からはこのチューブの有意義な使い道について
日々考えることとしよう・・・。
あ、棚と棚をつなげば室内用物干しロープに使えるかもしれない。



そんなことを考えつつ迎える26度目の誕生日・・・。
あぁ明日は朝イチで研究面談だぁ・・・orz


仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)

  • 作者: 山本ケイイチ
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2008/05/29
  • メディア: 新書



パフューム見逃したと思ったらまだだった [日記]

やっぱり今日くらいは更新した方がいいんだろうか?

リスペクトhzxってことで
是非聴こうと,そして口パクなのか見ようと,
そう思ってたPerfume,とりあえず見る事はできた。

・・・・・・が,わかんねーや。まぁいいか。

さて年の瀬。
2008年も終わり。

今年は本当に色々あった・・・。
過去の2年分どころか学部の4年分も取り戻せる程に。

ホント環境は人を変えるなぁ・・・。

これで社会復帰への準備運動は終了って事で,
来年からはエンジンかけていこうと思っちゃうよ。

ということで08年お世話になった皆様,ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

今年お世話にならなかった皆様,
来年はしっかり世話してくれるよう頑張って下さい。


ああ姪っこの泣き声が聞こえる・・・。


よくわかる孟子―やさしい現代語訳

よくわかる孟子―やさしい現代語訳

  • 作者: 永井 輝
  • 出版社/メーカー: 明窓出版
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 単行本



ダーウィンすげぇ [日記]

今日は外部で研究会を聴講。

四ツ谷へ向かう電車。
某駅でオバちゃん達が

「あー乗れる乗れる急いでー!」

と騒ぎながらドタバタと駆け込み乗車してきた。

それを見て、隣に座ってた女子大生くらいの女子2人が

「オバちゃんらマジ最強だわ」

とか嘲笑気味に笑ってた。

そしたらそいつら、御茶ノ水駅で快速電車の発車間際に

「えッ!?快速!?乗れんじゃん!」

とか言って

「ヤバイ!急げ!」

とドタバタと駆け込み乗車していった。


・・・・・・あぁこうしてオバちゃんズは生産されていくんだ

としみじみ思ったそんな火曜の午後だった。


新・進化論が変わる (ブルーバックス)

新・進化論が変わる (ブルーバックス)

  • 作者: 佐川 峻
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/04/22
  • メディア: 単行本



しばらく無理 [日記]

男爵の結婚式が終わった。

と言っても二人は半年前から結婚してたし
新居にも遊びに行ったりしてたし
何か最初は変な感じがしたけど
やっぱりいいもんね、結婚式ってのは。

適当な時期にまた誰かやらんかな・・・・・?(他力本願)

詳細は書かないけど
男爵は式でもやっぱり男爵で
ヒラメさんはお母さんにものすっご似てて
ブラザーKは男爵にはもったいないくらいデキた弟で
ブラザーKのスピーチに思わず涙しそうなそんな式だった。

適当な時期にまた誰かやらんかな?(二度目)


とりあえず自分は当分学生なので
とにかくまずは嫁探しより職探しだし

豊丸はスパムメールで普通
「ミキです」とか「サキです」 とか来そうなところを
「ケンジです」「タケシです」 ってのが来てたようだから
当分は抜け出せないことだろう。


まあとにかく男爵にヒラメさん、結婚おめでとう。

そして男爵への色紙に協力してくれた
PESO氏、アネゴ、男爵義姉先輩にY後輩、
面倒だからAXLは置いといて、ほか多数の皆さん、
ご協力ありがとうございました。

このお礼は後程しっかりといたします。男爵が。

その内アネゴ含め報告会でもできたらいいですね。じゃ。


もうあがらない!結婚式のスピーチで困らない本 (DO BOOKS)

もうあがらない!結婚式のスピーチで困らない本 (DO BOOKS)

  • 作者: 麻生 けんたろう
  • 出版社/メーカー: 同文舘出版
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 単行本



見えない敵 [日記]

いつものように学校に出る雨の日曜日。

・・・・・・・。
今週発表が控えてるんだほっといてくれ。

で、駅に着いて改札を通ろうとスイカをかざすと
なぜか隣のゲートがバタンと閉じてビービー警報が鳴り始めた。

日曜の昼だし俺以外に改札通る人がいないもんだから
駅員さんから疑いの視線を思いっきり浴びせられた・・・。

だが俺のゲートは開いている。俺は何もしていない。
以前のようにスイカをかざさず強行突破したわけではない。

・・・・・・あの改札、いったい何と闘っていたんだ?


ミリタリー・スナイパー―見えざる敵の恐怖

ミリタリー・スナイパー―見えざる敵の恐怖

  • 作者: マーティン ペグラー
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 大型本



拝む相手が違う [日記]

先日総武線に乗っていたら

「女は本八幡より(下総)中山の方が話の食いつきがいい」

という話でお爺さんズが盛り上がっていた。

・・・・・・・・・・・・・。

本八幡に中山・・・で、高齢者・・・。
接点があるとすれば八幡宮に法華寺とかだろうか・・・?

いやいくつになってもこういう人達ってお元気ですね・・・。



健康第一くよくよするな

健康第一くよくよするな

  • 作者: 大島 幸助
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2002/04
  • メディア: 単行本



ザクッって音が聞こえた [日記]

最近夜11時半とかになると妙に腹が減る。
なもんだからつい食べてしまう。

で、3日間連続で柿ピー食べたらニキビができた。
もうしばらく柿ピーは食うまい・・・。
食うなら何かヘルシーなものにしよう。

ところが今日は夕飯食べてたら
口の中を思いっきり噛んだ。

めちゃくちゃ痛い。
口を動かすのも嫌だ。

もう明日からは何か流動食的なものにしよう・・・。


かむ・のみこむが困難な人の食事―もっとおいしく!もっと食べやすく!

かむ・のみこむが困難な人の食事―もっとおいしく!もっと食べやすく!

  • 作者: 山田 晴子
  • 出版社/メーカー: 女子栄養大学出版部
  • 発売日: 2004/01
  • メディア: 単行本



天の恵み [日記]

以前買ったまま忘れていたと思われる
蒟蒻畑(リンゴ)を発見。

これはきっと毎晩 無駄に 遅くまで学校に居残っている
316への天からのお恵みに違いない。

明日からはこれを糧に頑張って生きていこう。

・・・しかし三日連続更新するなんていつ以来だろうか。



The Saving of God’s―神様がご褒美をくれるとしたら、あなたはなにをお願いしますか?

The Saving of God’s―神様がご褒美をくれるとしたら、あなたはなにをお願いしますか?

  • 作者: 杉崎 仁志
  • 出版社/メーカー: マリアコーポレーション
  • 発売日: 2005/10
  • メディア: 単行本



文句があるなら勝手に言え [日記]

予定のない日は家にいても
ただひたすらにダラダラする以外に何もすることがないので
とりあえず学校に行ってダラダラする。

18時半。腹が減ったのでビビン丼を食べようと
駅前の松屋に行ったら客が一人もいない。

ああ世間は休日なんだなと実感すると同時に
何とも言えない寂しさを感じたそんな日曜日。

その後もダラダラと資料を眺め
何とか日付が変わる前に帰宅。

小腹がすいたが蒟蒻畑はもうない。
仕方がないから帰り道に買ってきた
一口大福をモゴモゴさせながらブログを更新。切ない。

ここで今日は日曜じゃないことに気が付いたそんな月曜日祝日。

おやすみなさいまた会う日まで。


「寂しさ」と「絶望」の癒し方―追いつめられた心を救う安らぎのカウンセリング

「寂しさ」と「絶望」の癒し方―追いつめられた心を救う安らぎのカウンセリング

  • 作者: 福屋 武人
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 1996/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



誠に残念ながら・・・ [日記]

正解者は豊丸さんだったようです。


学校に入る前にいつものようにキオスクに寄り新聞を買う。

学校に入ると知り合いが誰もいない。

仕方がないのでコンビニに昼飯を買いに行く。

会計を済ませて買った物を鞄に入れようとしてふと気付く。

・・・・・・・新聞はいずこに?

学校で取り出した記憶はない。
ので、急ぎそのまま駅のキオスクへ。

「・・・あの・・・さっきココで新聞買ったんですけど、もしかして・・・?」

と不審者が問う。
するとオバちゃんが

「あぁ、来た来た。よかった。どうしようかと思ったよ。」

と笑顔で差し出してくれた。


・・・・・・・俺、いったいどうしたんだろうねぇ?


前回の件で正解した豊丸さんには
僕の診察と看病をする義務を差し上げようと思います。


心配ない物忘れ、危険な物忘れ

心配ない物忘れ、危険な物忘れ

  • 作者: 大友 英一
  • 出版社/メーカー: 栄光出版社
  • 発売日: 2005/04
  • メディア: 単行本



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。